今日は祝日なので、税金の話しもお休みです。

今日は勤労感謝の日ですね。

Wikipediaによると『勤労感謝の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としている。1948年(昭和23年)に公布・施行された同法により制定された。 農業国家である日本は、古くから神々に五穀の収穫を祝う風習があった。また、その年の収穫物は国家としてもそれからの一年を養う大切な蓄えとなることから、収穫物に感謝する大事な行事として飛鳥時代の皇極天皇の時代に始まった新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)の日が第二次世界大戦後のGHQの占領政策によって天皇行事・国事行為から切り離される形で改められたものが「勤労感謝の日」である。』と書かれています。

 

勤労感謝の日ができたのは戦後からで、元々は新嘗祭という宮中行事が由来のようです。

元々あった祝日をGHQによって変えられてしまった祝日は他にもあって、同じ11月だと文化の日もそうですね。

11月3日は、明治天皇のお誕生日で明治節と定められていました。

 

また、新嘗祭は収穫に感謝する日ですので、今日も農家さんに感謝をしながら美味しくご飯をいただきました(笑)

日本はただでさえ40%と自給率が低い国なので、日本の農家さんには頑張ってもらいたいです!

我が家は子供もいますので、できる限り国産の野菜を購入するようにしています。

最近の野菜の高騰には参りましたが、健康(食の安全)には代えられないですよね。

 

そういう意味では、TPPの雲行きが怪しくなっていることに喜んでいます。

TPPは、未だに国民に全貌が知らされていませんが、農作物については食の安全が脅かされる恐れがあると指摘されています。

例えば、大豆製品には「遺伝子組み換え大豆ではありません」と書かれている商品が多いと思います。

しかし、TPPに加盟すると、商品の表記に関して「遺伝子組み換えであるかどうか」を記載することが、外国からの参入障壁とされてしまうと、記載されなくなってしまう恐れもあるようです。

知らないうちに得体の知らない遺伝子組み換え食品を食べてしまうのは、怖いですよね。

 

最後に、今日は11月の酉の日ということで、今年も熊手を買いました。

熊手Before 熊手After

1枚目が昨年買ったもので、2枚目が今年買ったものです。

 

熊手は前年よりも一回り大きくするのが基本のようです。

しかし、熊手を買い始めたのは5年ほど前からなのですが、毎年同じ値段のものを買っていました。

しかし、今年は開業をした年なので、縁起を担いで1つバージョンアップさせました。

来年もバージョンアップできるよう精進していきます!

 

今日もとりとめのない話しでしたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

予約はこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今村章太郎公認会計士・税理士事務所
http://imamura-cpa.com/
住所:〒112-0013 東京都文京区音羽1丁目26番12-501
TEL:03-5319-2855
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇